お金を借りるなら

急いでお金を借りられる 三井住友銀行の公式HP

「お金を借りる」と、聞くと、ローンや消費者金融が頭に浮かびますが、奨学金も「お金を借りる」一種だと思います。

奨学金とは、貸与型と給付型の2種類ありますが、今回お話しする、「借りることになる」のは貸与型の方です。高校や大学で学びたいけど、経済的理由で進学が困難な学生に学費の貸与を行うことです。しかも、成績が優秀な学生しか権利がないのです。

奨学金が貸与され、学生生活を順調に送り、卒業して社会人になり、ここで発生するのは奨学金の返済義務です。卒業してから3カ月~半年後くらいから返済が始まるところが多いそうです。奨学金を貸与された学生は、卒業からある程度経ってから借金を背負うことになるのです。

さて、奨学金を借りた学生たちは、奨学金という借金の存在を心にとどめているのでしょうか。社会人になって、気が付いたら返済が始まって奨学金の存在を思い出す・・・というケースも少なくないと思います。

奨学金を、学費の足しにできるツール、と簡単に捉えがちですが、何百万円という多額の借金を若いうちから返済していくことになるのです。しかも、その影響で、結婚等が遅くなっている、ということにも繋がっていきます。

奨学金については、ニュースなどで認知度がどんどん上がっています。進学を後押ししてくれるというメリットは魅力的です。しかし、返済ものしかかってくる、ということも強調すべき事項ではないのでしょうか。

誰もが奨学金の内容を理解し、安心して奨学金を利用できることが、今の世の中の課題でもあるんじゃないかと思います。

急にお金が必要になったら?

急にお金が必要となった時には、金融業者から一時的に借入を行なって賄う方法があります。金融業者には、銀行・信販会社・消費者金融と様々な会社がありますが、銀行カードローンに最初にチャレンジしてみると良いでしょう。

低金利で借入が出来るので、返済時に支払う総利息を少なく出来ます。収入面や与信力に不安がある場合には、消費者金融を選ぶことも可能です。

安定した収入があれば、貸金業法で定められた総量規制の範囲内で借入が可能です。総量規制は、貸金業法に基づき貸付を行っている貸金業者全体から、合計して年収の1/3までの借入に制限しなければなりません。

総量規制に引っ掛かる状態であれば、貸金業法の影響を受けない銀行カードローンを選ぶことになるでしょう。しかし、銀行カードローンの審査に落ちて、消費者金融は総量規制により借入が出来ないとしても、お金を借りられる方法が無いわけではありません。

生命保険で解約返戻金が付いているタイプを選べば、現時点での解約返戻金の8割程度までを保険の契約者貸付制度を利用して借入可能となっています。金利は3%~5%程度ですが、毎月の返済が必要というわけではなく、お金が出来たら支払えば良いという自由返済の制度です。予めお金をどこで借入出来るのか、知っておくと良いでしょう。

お金を借りられるかどうか?

お金を借りられるか否かは、やはり信用性によって判断される事になります。それは、誰かにお金を貸し出す事を考えると分かりやすいです。

例えば、誰か知人がお金を貸して欲しいと頼んできたとします。問題は、その知人が信頼できるか否かです。お金を貸すにしても、きちんと返済されなければ困ってしまいます。

そこで、その知人の過去の状況が判断基準になる訳です。お金に関してきちんとしている人柄かどうかは、やはり確認する方が無難です。

過去に誰かから借りていて、問題なくお金を返している人物なら、大いに信頼できると見込めるでしょう。逆に過去に踏み倒してしまった経験があるなら、ちょっと信頼に欠けると判断される可能性もあります。

それで金融会社としては、そういう点を確認している訳です。カードローンなどの申し込みを行ってくるのは良いですが、きちんと返済が見込める人物なのかどうかは、金融業界の独自システムで調査される事になります。

システムで確認してみた結果、特に問題ないと判断されれば、借りられるようになる訳です。そして金融システムでは、過去の返済実績なども確認していく事になります。遅延があると、やはりお金を借りるのは難しくなるでしょう。逆に返済実績が優秀という履歴が残っていれば、お金を借りられる事が多いです。

コメントは受け付けていません。